« 花粉対策はじめてますか | トップページ | 3/11 多摩中医学勉強会 「晶三仙」 »

2018年3月 1日 (木)

花粉 雨上がりに注意

Img_20180228_131833

こんにちは、
3月になりました。
先日、八王子駅改札を出たところで
桃の花を無料配布していましたので頂き、
ひな人形とともに本物の、
桃の花を添えることができました。

さて、
本日は
・雨上がり
・風が強い
・気温が上昇
と花粉が多く飛散する
3条件がそろってしまいました。

外出時には、マスクを
帰宅時には、洋服についた花粉を
玄関前で払ってから
お家に入りましょう。

前回のブログで、
漢方の花粉対策は
眠くならず
身体全体の調子も整えるという
お話をしましたが

その花粉対策の漢方薬の中でも
私のお気に入りを
ご紹介いたします。

それは、イスクラ鼻淵丸
↓↓↓↓↓↓

P_20180208_095852_mt

この薬に出会ったのは、
10数年前

実際に服用して、その効果に感激したのが
10年前

服用のきっかけは
もともと、小学生(30数年前)のころから
プール前の検診にて
鼻炎と言われ続けていたので
鼻は良い状態とは言えませんでした。

風邪を引いた後に
鼻の調子だけがスッキリせず
イライラしていた時に
鼻淵丸を飲んでみようと

朝・昼・晩と9粒ずつ
服用して2、3日たった入浴中のこと
鼻がむずむずしたので
鼻をかんでみると

食事中の方ごめんなさい
出るは出る
緑色の汚いものが

こんなにも入っていたのか
とちょっと怖くなりましたが

鼻の通りが爽快で、鼻の奥に
吸った風が当たるのを感じることができました

それからです。
鼻淵丸を愛用するようになったのは

今時期は、花粉症もありますが
漢方薬の煎じ薬を調合する際に
生薬のカスが飛散するため
マスクをしていても
鼻水が出てきてしまいます。

その対策として、鼻淵丸を毎朝
服用していますが、
鼻水に悩まされることなく
煎じ薬を調合しています。

お腹の弱い私でも
問題なく服用できますので
鼻淵丸は
花粉症・慢性鼻炎・蓄膿症の方に
お勧めの中成薬です。

お求めは、お近くの中医薬研究会のお店でどうぞ

« 花粉対策はじめてますか | トップページ | 3/11 多摩中医学勉強会 「晶三仙」 »

中成薬」カテゴリの記事