« 妊娠可能な年齢は | トップページ | 花粉対策はじめてますか »

2018年1月20日 (土)

せき・のどの痛みに

P_20180120_105656_mt

寒くなると自然と
空気が乾燥してしまいます

身体に影響があるのは
肌の乾燥
鼻・のどの乾燥

乾燥対策として
・のど飴
・加湿器
・保湿剤
などを利用するのが効果があります

長引く乾燥は
粘膜の炎症を誘発させます

中医学では
潤いは「陰」の役割で
「陰」は夕方から夜にかけて
その働きが際立ちます

しかし、長引く乾燥による炎症や
風邪による炎症は
「陰」を多く消耗してしまいます

消耗された「陰」は
夕方から頑張って活躍しないと
いけないのですが
不足してしまうと・・・

「陰」の不足によって
引き起こされていた症状が
強くあらわれてきます

その為、夜になると
・咳が出る
・からだがほてる
・皮膚がかゆくなる
などの症状がより出やすくなります

対策としては
不足している「陰」
を補うことで
症状を楽にするのが効果的です

夜中の咳、日中でも乾燥性の咳
等には
潤肺糖漿がお勧めです

シロップタイプの漢方薬で
15歳以上の大人は1回10ml
朝・夕又は就寝前の2回
そのままか少し薄めて
服用します。

黒色のシロップでなんだか苦そう~
な感じですが
とても飲みやすい漢方薬です

ただ、ハッカの香りや味が苦手な方は
鼻をつまんで飲んだ方が良いでしょう

我が家は、常に冷蔵庫に入っているため
良く振って服用しています

風邪によってのどが痛い
腫れた感じが強い場合には
涼解楽や天津感冒片と組み合わせて
服用するとよいでしょう

潤肺糖漿は、中医薬研究会の会員店で
販売しています。
お気軽にご相談ください。

« 妊娠可能な年齢は | トップページ | 花粉対策はじめてますか »

中成薬」カテゴリの記事