« 五行学説・・(相生・相剋) | トップページ | 五臓六腑について・・・心 »

2017年3月19日 (日)

五臓六腑について・・臓の働き(肝)

漢方薬を選択するための診断方法に、
「五臓弁証」があります。

中医学では、人体の内臓全体を「臓腑(ぞうふ)」と呼び
「臓」は「肝・心・脾・肺・腎」の5つのことで「五臓」
「腑」は「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」のことで「六腑」

「臓」と「腑」は、表裏の関係があり
「臓」は裏
「腑」は表
に属します。

●五臓それぞれの働き

①肝
 「肝」は、の巡りを管理しています。
 を貯蔵して全身の血量を調整しています。

 (主な働き)
・肝主疎泄
全身の気の巡りがスムーズに流れるように管理しています。
精神的不安や緊張・ストレスに対して働いているため。
この働きが整っていると、精神的に安定し、感情をうまくコントロール
することができます。
逆に、働きの低下は、精神不安・イライラ・うつ・気分変調
といった感情面をコントロールすることができにくくなります。

・臓血
五臓の肝は血を貯蔵し必要に応じて全身に送り出しています。
運動した時には筋肉に、
読書やスマホを見ているときには目に血を供給し
栄養を与え、休職しているときには血は肝に戻り貯蔵されます。

肝は「目」や「筋」と関係が深いため、
臓血作用が低下すると
目の疲れ・かすみ目・ドライアイ・飛蚊症
筋肉のけいれん・しびれ・こわばり・震えが起こります。

また、「肝」は自律神経やホルモンとも関係が深く
自律神経失調症・うつ病・パニック症・甲状腺異常
月経異常・不妊症などその他多くの疾患が
関係しています。

肝は、五行学説で説明した「木」と関係しているため
のびのびと自由に動き回ることを好みます。

「肝」は様々な病気の出発点ともいわれていますので
ストレス対策をして、心もからだものびのび・イキイキと
活かしていきましょう。

次回は②心についてご紹介します。

« 五行学説・・(相生・相剋) | トップページ | 五臓六腑について・・・心 »

漢方中医学(基礎)」カテゴリの記事