« 気血水・・・血・水(津液) | トップページ | 五行学説 »

2017年1月27日 (金)

陰陽五行・・陰陽

前回、五臓についてお話と言いましたが、その前に
陰陽五行についてお話いたします。

陰陽学説(いんよう)は中国の古代哲学で、
この世に存在するすべてのものに
陰と陽の対立する性質を持つ2種類に分けることができ
陰と陽は対立しながらもお互いに影響しあう関係であります。

<陰陽の例>

・陽・・・天 上 男 外 昼 夏 熱 実 気 動 興奮 亢進
・陰・・・地 下 女 内 夜 冬 寒 虚 血 静 抑制 衰退

など、さまざまな物に陰陽は存在します。

陰陽がお互いに影響しあうということは、
一方があるからもう一方が存在する相互依存の関係です。

陰陽は絶えず増減し、すべての事物は一定の段階に達すると
、それぞれ反対方向に転じるとされています。

季節で説明しますと、
昼間と夜間の時間は

春分の日を境に、太陽が出ている時間が長くなり(陽の増加)
夏至をピークに徐々に陽の時間が少なくなり
秋分の日を境に、日が沈んでいる夜の時間が長くなり(陰の増加)
冬至をピークに陰の時間は減少し春分の日を迎え
再び同じサイクルを繰り返します。

人の身体にも陰陽は存在します。

身体の表面は陽、体内は陰に分けられますが、
身体表面はさらに前面(陰)と背面(陽)に分けられ
体内では五臓(陰)六腑(陽)、
さらに五臓では心肺が陽、肝・脾・腎が陰に分けられます。

〇陰陽の均衡
陰陽は常に増減し変化をしています。
からだが健康である条件はこの陰陽のバランスがとれていることです。
バランスが崩れると、からだはバランスがとれた状態に戻そうと調整します。

体調が悪くなる、病気になるのは
この陰陽のバランスが大きく乱れていて、
うまく調整できていない状態なのです。

バランスが乱れている状態の例として
●陰が過剰・・冷えが強い、内臓の冷え
●陽が過剰・・暑がる、のどの渇き
●陰が不足・・足裏・手のひらのほてり、のどの乾燥
●陽が不足・・冷え、疲労しやすい

といった体調変化が現れます。

陰の過剰と陽の不足、陽の過剰と陰の不足は
同じような症状が現れますが、
治療方針は違いますので、
他の自覚症状などから総合的に陰陽バランスの乱れを
見極めなければなりません。

総合的判断の要素として五臓の働きの状態を
把握することが必要です。

その五臓の働きを学ぶ上で五行学説を知っておくことが
大切なので次回は五行学説について
お話しする予定です。

余談:
スターウォーズの最新作は見ましたでしょうか、
私は残念ながら、いろいろ用事が重なり
見ることができていません。

スターウォーズをご存知の方は
ジェダイが光でダースベーダーが闇であることは知っていると思いますが、
闇であるダースベーダーは初めから影であったのではありません
影(闇)を明るくする光としてジェダイとなりましたが、
内に潜んでいた闇が表に出ることで
ダークサイドに陥ってしまいました。

しかし、闇になってもすべてが闇で存在することはできないため
光の部分が自身の最後の時に現れルークを救ったのです。

このように、一方に偏りすぎると
あらぬ方向に向かってしまうため
しっかりとバランスをとることが大切なのです。

仕事ばかりしないでたまには息抜きを・・・

来月からプレムアムフライデーが始まります。
うまく息抜きしましょう!!

« 気血水・・・血・水(津液) | トップページ | 五行学説 »

漢方中医学(基礎)」カテゴリの記事