« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年10月

2016年10月25日 (火)

婦宝当帰膠

Img_fuou2


婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)という漢方薬(中成薬)はご存知ですか

特に女性の味方として、多くの女性のお悩みを解決できる

手軽に飲める漢方薬として大人気です。


服用している方の目的は、

冷え性対策・月経不順・妊活・美容・貧血・不眠など

幅広く利用されている漢方薬です。


服用方法は、1日2回 1回4ml

お湯または水に溶かして服用していただきます。

冬場はお湯でゆっくりと服用していただくことをお勧めいたします。

お好みによって、温めた豆乳に混ぜてもいいですよ。


販売しているお店は、

中医薬研究会の会員店です。
多摩中医薬会員店一覧日本中医薬研究会検索


お店によっては試飲サービスをしていますので、japanesetea

ランチの帰りやショッピングの途中にでも

1杯、試しに服用してみませんか

パンダマークでおなじみの中医薬研究会の会員店は

気軽に相談できる薬局・薬店です。

お茶(婦宝当帰膠)しに、遊びに来てくださいheart04

2016年10月17日 (月)

イスクラ ばんらん茶とのど飴

Ca3c0329

皆さん体調はいかがですか?

急激な気温の低下によって、のど・はなの風邪を患っていませんか。rain

突然な話ですが、
「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)に、「薬局を地域に密 着した
健康情報の拠点として、一般用医薬品等の適正な使用に関する助言や健康
に 関する相談、情報提供を行う等、セルフメディケーションの推進のために
薬局・薬 剤師の活用を促進する。」との内容が盛り込まれ、、、
(→健康サポート薬局のあり方について「厚生労働省」
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-
11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/matome.pdf#search=%27%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E8%96%AC%E5%B1%80%27


とあり、かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師を見つけ
積極的なセルフケア・セルフメディケーションが推進されています。


風邪は、医学的に「自然によくなる上気道のウイルス感染症」と定義されています。

これは、セルフケアが最も大切な疾患であるといえるのです。

そして、かかりつけ薬局・薬剤師に相談することで、

受診勧奨を(医療機関受診のタイミング)適切に提示することができるので、

ぜひ薬局・薬剤師を活用してください。happy01


風邪予防のセルフケアとして、

・身体を冷やさないようにする
・栄養をしっかり摂る
・睡眠をしっかりとる
・のど、はなが弱い人はマスクを使用する
・手洗い、うがいをこまめにする
などがあげられます。

中国での風邪対策では、「板藍(ばんらん)根」が有名です。

板藍根は、タイセイやホソバタイセイというアブラナ科の植物で
中医学では、「清熱解毒」「涼血利咽」の効能があるとされ、

「清熱解毒」とは、細菌やウイルスによる感染症や炎症に伴う症状を
抑える働き。

「涼血利咽」とはのぼせや発赤、紅斑、鼻血、充血などの症状や
のどの症状を抑える働き。

また、ある研究結果では、
板藍根に含まれる「インジカン」と呼ばれる成分に
、抗菌、抗ウイルス作用や抗炎症作用、抗がん作用が認められ、

インフルエンザウイルスを用いた実験では、板藍根の煎じ液を服用している
とインフルエンザウイルスの感染を抑制することが認められています。


板藍根を用いた健康食品はここ最近多く出回っていますが、

その中でも、一番人気heart04なのが、

「イスクラ 板藍のど飴」と「板藍茶」です。

これらの商品は、中医薬研究会の会員店でのみ販売されていますので、

ご近所の会員薬局・薬店を検索して、お取り扱いについてお尋ね下さい。

多摩中医薬研究会会員店一覧;
http://tamachuiyaku.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-4636.html

日本中医薬研究会会員店検索;
http://chuiyaku.or.jp/shoplist

« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »